貯蓄のない我が家

毎月(住宅ローン・学資生命保険・塾費用・学校給食費その他・新聞・携帯・光熱費)など引き落とされます。

この他に、1年前に挙げた結婚式の費用のためのブライダルローンも残っています。

この変の引き落としは毎月の事だから把握できてるし事前に用意もしているからいいのです。

予想外の出費ってどの家庭でもあるとおもうのだけど、その中でも一番高額なのが医療費が大変です。

主人が盲腸で病院に運ばれて盲腸破裂で腹膜炎になり入院、当初の予定より入院も長引いて三週間入院したのだけれど、退院時の請求が37万ほどありました。

貯金で支払い、その月の生活費に困って消費者金融で借りようと思い悩んだあげく、利息がついてくるので主人の会社に連絡をいれて社長に直接、事情を話し五万円ほど前借しました。

あとは12月に保育園のお迎えの時に、車に戻るまで五分もたたないうちに車上狙いにあい、その月はボーナスもあって合計100万円も盗まれました。

これは車の鍵をかけ忘れた私の責任なので主人にはもちろん言えず、10万を消費者金融の(モビット)でかりました。

ボーナス払いやその他支払いなどもあったので、事情を話して自分の親に30万円借りました親からは凄くおこられましたけど、借りていた(モビット)には3カ月で返済しました。

親には月々一万でいいと言ってくれたのでお言葉に甘えて8月・12月以外は1万ずつ返済していました。

できることなら身内であってもお金は借りたくないってのが本音ですが、本当にないときって切羽つまってしまいます。

なおさら子供がいるとなにかと急な出費が必要になってくるので今は、こつこつ貯蓄してます。

でもこの先どうなるかなんてわからないので、いざ切羽つまった状態になったときは、まず親に頼み。

ダメなら会社へお願いしそれもだめなら銀行へ申込みしてそれもだめなら残すは、消費者金融で借りることになるとおもいます。

そうならないために何かあった時のために事前の準備(ある程度の貯蓄)を蓄えておく必要がありますね。金はあれば便利だけどないと不便本当にそう思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です