June 18, 2015 | FASHION

BURNIE GRILL

Burnie_Portable_Campfire_Grill_001
Burnie_Portable_Campfire_Grill_002
Burnie_Portable_Campfire_Grill_003
Burnie_Portable_Campfire_Grill_004


都会で疲れたカラダを労り、自然に身を委ねる。今、キャンプをする人が増えているのは周知の事実だが、そんなキャンプの楽しみのひとつに“焚き火”がある。大自然の中で、ゆらめく炎を眺める時間は日常ではなかなか味わえない有意義な体験だが、キャンプビギナーにとって一から火を起こすのは至難の業。そこで、活躍するのがアメリカで登場した「BURNIE GRILL」。いつでも簡単に火を起こすことができる完全自己完結型の新しい“焚き火”だ。


本体にセットされた木材にマッチ一本ですぐに火を起こすことができるので、フィールドで木や枝などを拾う必要がない。木の切り株のような本体と燃料となる木炭は、広葉樹「アルダーウッド」の100%天然素材で作られており、化学燃料はゼロ。環境に優しい焚き火をすることができる。ミディアムサイズの重量は1.4kg、ラージサイズは2.2kgほどのコンパクトサイズ。従来の焚き火台に比べてはるかに軽く、手軽に持ち運ぶことができるので老若男女問わずどんな人も使うことができる。最後は本体も燃えつきるので、面倒くさい後片付けも掃除の必要もない。


BURNIE GRILLは調理をすることもできる。炎の上に網を乗せて肉や野菜などを焼けば、アルダーウッドのスモーキーな香りで味付けされたグリル料理ができるし、マシュマロやホットドッグなどは直火で調理をすることだってできる。従来の焚き火台のような不安定なスタンドも必要なく、標準サイズの鍋であればそのまま火にかけることができるので、フライパンで目玉焼きをつくることもでき、やかんをあっという間に沸騰させることもできる。人工的な燃料を使用していないので、直火料理も安心して食べることができる点も魅力だ。現在は、北米でのみの出荷だが、今後、諸外国への輸送も予定しているという。日本リリースを心待ちにするキャンパーも少なくないだろう。ちなみに、国内のキャンプ場は焚き火禁止を掲げる場所も多い。事前のチェックは必ず行い、安全に楽しみたい。


ラージバーニー(燃焼時間2.5時間) $14.95
ミディアムバーニー(燃焼時間1.5時間)$12.95

BURNIE GRILL: www.burniegrill.com

SHARE THIS POST